身近にある病気を防ぐ~健康的な毎日のために~

早期発見で助かる確率は上がる

CONTENTS

乳がんの早期発見

乳がんは14人に1人がかかると言われており、20歳過ぎから発症を行い40歳後半に最も発症する人が多くなる病気です。しこりで判断することができると言われていますが、中にはしこりが伴わない場合もあるので定期的に検査を行うことが必要です。

詳しくはコチラ

悪化する前に

下肢静脈瘤は、悪化する前に早めに病院を受診するべきものです。中高年になると発症のリスクが高まるものですが、保存療法のようなものもあるので、症状に合わせて治療を行なっていきましょう。

詳しくはコチラ

チェックする

乳がんかどうかをチェックするためには、病院などの医療機関で診断してもらうことが正確ですが自分で簡単に調べる方法もあります。その方法を紹介するので実践してみましょう。

詳細を読む

治療を受けて

下肢静脈瘤は珍しい病気ではなく実は10人の1人の割合でかかる可能性があるのです。そんな下肢静脈瘤の治療について紹介するので、どんな風に対処するべきなのかを把握しておきましょう。

詳細を読む

うわさについて

乳がんができるのは、一般的に胸が大きい人ほどかかりやすいと言われていますが、本当はどうなのかを紹介します。またなぜ最近乳がんが注目されているのかも紹介するので覚えておきましょう。

詳細を読む

乳がんと下肢静脈瘤

下肢静脈瘤専門のクリニックはこちら|東京下肢静脈瘤クリニック

女性なら誰でもなるかもれない乳がんの検査や治療はここで!専門医が多数在籍しているので安心ですよ!

乳がんは比較的多くの人がかかる可能性が高い病気です。乳がんは14人に1人がかかる病気とも言われており、早めに対策を行うことが必要な病気です。また、乳がんは、定期的に検査に行くことにより、早めに症状を見つけることができます。35歳以下で発症した場合は死亡率が高いとされている病気でもあるので、定期的に病院で検査を受けるということが必要です。また、病院で検査を受ける場合は、事前にある程度設備が整っているような病院を選んでいくと、最新のチェックを行うことができます。乳がん検診は基本的にマンモグラフィーや超音波検査やエラストグラフィー検査等が行われます。検査結果は対面式か、書面で伝えられることが多く、要検査が必要な人に対してはその旨通知されます。精密検査が必要な人の場合、早めに対応を行うことが大切です。

下肢静脈瘤は比較的かかることが多い病気です。
下肢静脈瘤はも40歳異常の女性に多い病気で、8%以上の人になんらかの症状が発生したと報告されており、患者数は1000万人以上と言われています。数珠状にこぶが蛇行しているように見えることが多く、足にむくみをかじることや、こむら返り、不快感という症状がでてきます。良性の病気で、命の危険があるということはありませんが、日常的に足のだるさやむくみを感じるので悪化していくことがあります。生活習慣を改善することや、外科手術、レーザーを使った治療法が行われることもあり、医師と相談して自分に合った治療を行う事が必要です。